ホラー好き橋本環奈がシリーズ初出演で主演を務める!「『ほん怖』ファンの方も納得のいく作品になったと思います。」土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』本日10/23(土)夜9時放送!

pick-up インタビュー オススメ ドラマ・WEB映画




フジテレビでは、10月23日(土)に土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』を21時から放送する。

今回は、女優・橋本環奈がシリーズ初出演で主演を務めたドラマパートの一つ『凶音の誘い(きょうおんのいざない)』を紹介する。

橋本環奈主演 ドラマパートの一つ『凶音の誘い(きょうおんのいざない)』 ©フジテレビ




稲垣吾郎率いる“ほん怖クラブ”が今年も衝撃の恐怖体験へいざなう!

実際に人々が体験した怖い話をリアルに描くリアルホラーエンターテインメント『ほんとにあった怖い話』(通称:ほん怖)は、1999年に放送をスタートし、心霊体験をもとに心底怖いゾッとする恐怖とその恐怖や不安に翻弄(ほんろう)されつつも立ち向かっていく人々の姿を描く。
そんな『ほん怖』は、2004年から稲垣吾郎が、『ほん怖』クラブリーダーとして出演している。また、小学生中心で構成された『ほん怖』クラブのメンバーも健在。稲垣と『ほん怖』クラブのメンバーが、いまだかつてない恐怖体験をお届けする!今回の『ほん怖』にもぜひご期待いただきたい。







ホラー好き橋本環奈がシリーズ初出演で主演を務める!

橋本環奈 ©フジテレビ



本作のドラマパートの一つ『凶音の誘い』で、シリーズ初出演で主演を務めるのは女優・橋本環奈。
映画『銀魂』や映画『かぐや様は告らせたい』など、これまで数々の大ヒット作品に出演してきた橋本。10月15日(金)公開の映画『劇場版 ルパンの娘』では、ドラマ版に続き名探偵一家の娘役として出演する。先日解禁された映画『劇場版 ルパンの娘』の新場面写真では、セクシーな表情を魅せた橋本にネットでは話題に。数々の作品を通じてコミカルな演技からシリアスな演技まで、どんな個性的な役柄も器用に演じ分け、見る者全てに印象を残してきた実力派女優の橋本が『ほん怖』でみせる演技は必見だ。

そんな橋本が演じるのは、声優を目指しながら、コールセンターでアルバイトをしている峰岸玲奈(みねぎし・れいな)。ある日、一息つこうと給湯室で休んでいると、「キュルキュル…」という奇妙な物音と人影のようなものが通り過ぎたことに気付く。不思議に思いながらも仕事を続けていると、上司の鷺沼浩一(さぎぬま・こういち/山中崇)から地下の倉庫に商品サンプルを取りに行くように命じられる。バイト仲間の伊藤麻美(いとう・あさみ/恒松祐里)とともに倉庫へ向かう2人。麻美は倉庫に着くと、その中を足早に移動し、どういう訳か緊張した様子でサンプルを取り出していく。すると、再び「キュルキュル…」と奇妙な音が聞こえてくる玲奈。不審に思い麻美に「他の人も来ているのか?」と聞くと、麻美の表情が一変して…。不穏な気配と不気味な音が、2人の身に迫る―。

『ほん怖』初出演が決まった橋本は、「たくさんの方が今まで出演されていて、歴史のある番組に出られることになり、“すごく楽しみだな”と思いました」とコメント。そして、ホラー好きと言う橋本は、「実際にこのコールセンターでの出来事が本当にあったら相当怖いなと私自身思いました。初めて見る方も、『ほん怖』ファンの方も納得のいく作品になったと思います」と確かな手応えを示した。







コメント


橋本環奈


◆出演が決まった感想

「並みいる出演者の方々が名前を連ねる歴史ある番組に出演させて頂く事となり、“すごく楽しみだな”と思いました。小学生の頃、本当に起きた話だけに、“こんな実体験はしたくないな”と怖がりながら見ていました」



◆脚本を読んだ印象

「私は、ホラーが好きなので、“すごく面白いな”と思いながら台本を読ませていただきました。“コールセンター”と書いてあったので、電話口の向こうから叫び声が聞こえたりなど、電話のやりとりでの怖さかなと最初は思っていましたが、実際はそばに何かいて感じる怖さでした。ただ、それがまた演じていて良かったです。それに加え、実際にお化けメークを見ましたが、本当にリアルで怖かったです」



◆番組を楽しみにしているファンの皆様へメッセージ

「実際にこのコールセンターでの出来事が本当にあったら相当怖いなと私自身思いました。初めて見る方も、『ほん怖』ファンの方も納得のいく作品になったと思います。ぜひ、ハラハラ・ドキドキ、家のカーテンを閉めて、電気を消して見てほしいです!」






総合プロデュース 後藤博幸(フジテレビ 第一制作室)

「稲垣吾郎さんと共に長年作り続けてきた『ほん怖』も、昨年の放送をもってドラマ総本数が200本となりました。この数は、稲垣さん初め、出演していただいたキャスト、スタッフ、ファンの皆さまに支えられ迎えることができたと思っております。心より感謝申し上げます。そして、201本目のドラマの主演はさまざまな話題作で活躍されている橋本環奈さんをキャスティングさせていただきました。橋本さんは、コミカルな役からシリアスな役まで際立ったキャラクターを演じられてきた印象が強いと思うのですが、今回はあえて身近に感じられるような“普通の”女性を演じていただきました。今まであまり見たことのない橋本さんの“普通っぷり”に注目していただきたいです。そして、橋本さんのお芝居が、『ほん怖』ならではのリアルホラーにつながり、さらに怖さが増している作品となっていると思います。ぜひ、お楽しみください!」








“ほん怖”撮影秘話も満載!生みの親・鶴田法男監督による、
人気企画「Jホラーのすべて」、当サイトにて好評連載中!



20年以上の歴史を誇る『ほんとにあった怖い話』(通称:ほん怖)だが、元々は、『リング0』『おろち』『ほんとにあった怖い話』などで知られる映画監督、鶴田法男当(当サイトの人気企画『Jホラーのすべて 鶴田法男』も好評連載中)が生み出したオリジナルビデオ版「ほんとにあった怖い話」から発展したものであることは有名な話。フジテレビ版『ほん怖』でも、監督作として、佐藤健主演の『顔の道』など、数々の傑作エピソードを生み出してきた。






今回の『ほんとにあった怖い話 2021特別編』では、残念ながら、鶴田監督は演出していないそうだが、鶴田イズムを継承した若手監督たちが才能を発揮している。

そして、こちらも恒例となった放送当日の昼に放送される『ほんとにあった怖い話 傑作選』(2021年10月23日(土) 13:35~15:25 放送)では、なんと8作品中、6作品が鶴田監督の演出作品!いかに『ほん怖』において鶴田監督が残した功績が大きいかが理解できるはずだ。


好評連載企画「Jホラーのすべて 鶴田法男」

近々、「ほん怖」にまつわる最新回を掲載予定。
下のリンクは序章「監督引退」と、最新の第九回「検証!伝説的傑作『霊のうごめく家』はいかにして生まれたのか?(後編)~OV版『ほん怖』撮影秘話⑤~」










橋本環奈、乃木坂46・与田祐希、山崎育三郎ら豪華キャストで
いよいよ本日午後9時より
土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』




今回紹介した、橋本環奈主演の『凶音の誘い』以外にも、乃木坂46・与田祐希主演の『七不思議』(仮)山崎育三郎主演の『事故物件A』ら、豪華キャストによる魅力あふれるラインナップが並ぶ。
実話怪談系ドラマの最高峰、「ほん怖」2021特別編をお見逃しなく!


与田祐希 ©フジテレビ
右)山崎育三郎 ©フジテレビ



【番組概要】

≪放送日時≫
土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』

≪放送日時≫
10月23日(土) 21時~23時10分

≪出演者≫
『ほん怖』クラブリーダー:稲垣吾郎 ほか

『凶音の誘い』
峰岸玲奈:橋本環奈
伊藤麻美:恒松祐里
鷺沼浩一:山中 崇


≪スタッフ≫
原作:『ほんとにあった怖い話』『HONKOWA』(朝日新聞出版)
総合プロデュース:後藤博幸
プロデュース:古郡真也(FILM)
脚本:三宅隆太 他
演出:森脇智延
制作・著作:フジテレビ第一制作室



【公式HP】https://www.fujitv.co.jp/honkowa/

【公式Twitter】https://twitter.com/honkowa_fuji

【公式Instagram】https://www.instagram.com/honkowa_fujitv/






Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twenty − 15 =