乃木坂46・与田祐希が『ほん怖』初出演!女子高校生役で本格ホラー作品にも初挑戦!土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』本日10/23(土)夜9時放送!

pick-up インタビュー オススメ ドラマ・WEB映画




フジテレビでは、10月23日(土)に土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』を21時から放送する。

今回は、与田祐希(乃木坂46)がシリーズ初出演で主演を務めるドラマパートの一つ『或る学校の七不思議』を紹介する。


与田祐希 ©フジテレビ




稲垣吾郎率いる“ほん怖クラブ”が今年も衝撃の恐怖体験へいざなう!
3時のヒロインや、与田祐希生田絵梨花ら乃木坂46メンバーも恐怖の実話におののく!



一般の人の身に実際に起こった心霊体験をもとに、心底怖いゾッとする恐怖とその恐怖や不安に翻弄(ほんろう)されつつも立ち向かっていく人々の姿を描くリアルホラーエンターテインメント。

ドラマパートでは、橋本環奈主演の『凶音の誘い(きょうおんのいざない)』、与田祐希主演の『或る学校の七不思議』、山崎育三郎主演の『事故物件A』、3時のヒロイン・ゆめっちが主演し、自身の心霊実体験をドラマ化した『だるまさんが転んだ?』の4エピソードが登場。

さらにスタジオでは、2004年から『ほん怖』クラブリーダーとして出演している稲垣吾郎が『ほん怖』クラブのメンバーと共に出演。スタジオゲストには、3時のヒロイン(ゆめっち、福田麻貴、かなで)や、乃木坂46の生田絵梨花、秋元真夏、梅澤美波、そして『或る学校の七不思議』で主演を務めた与田祐希らが登場!不可思議な心霊現象をひも解いていく。









乃木坂46・与田祐希が『ほん怖』初出演!
女子高校生役で本格ホラー作品にも初挑戦!

与田祐希 ©フジテレビ



本作のドラマパートの一つ『七不思議』(仮)で、シリーズ初出演で主演を務める与田祐希(乃木坂46)。

乃木坂46の“次世代のエース”として人気を集めている与田は、2020年に公開された映画『ぐらんぶる』で映画初挑戦にしてヒロイン役として出演。さらに10月期の日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)でもレギュラー出演するなど、アイドルのみならず女優としても活躍の幅を広げる。

そんな与田が演じるのは、女子高校生・小野寺沙希(おのでら・さき)。ある日の放課後、沙希は同級生の飯田七海(いいだ・ななみ/長見玲亜)と中村優奈(なかむら・ゆうな/箭内夢菜)と一緒に文化祭の準備のため、教室で作業をしていた。すると、優奈が唐突にカバンから紙を取り出し、「(自分たちの)学校の七不思議の一つ“コックリさん”をやろう!」と言い出す。疑心暗鬼になりながらも紙の上に10円玉を置き、人差し指を乗せて“コックリさん”を始める3人。すると、10円玉はゆっくりと動き始め…驚く沙希たち。その様子を見ていた同級生の森山諒(もりやま・りょう/宮世琉弥)が、“コックリさん”の紙を3人から奪い取り、止めに入る。「本当に悪い霊を集めることがあるから、遊び半分でもこういうことはしない方がいいよ」と不思議なことを言い残し去っていく森山。実は、沙希の通う学校には、他にも七不思議のウワサがあり…。“コックリさん”をきっかけに沙希の周りでは、次々と奇妙な現象と恐怖が降りかかる―!


左から)長見玲亜、与田祐希、箭内夢菜 ©フジテレビ




『ほん怖』初出演が決まった与田は、「乃木坂46に入るずっと前からよく見ていた番組だったので、最初は自分が出演できると聞いたときは不思議な感じでした。私は怖い話が好きで、特に『ほん怖』は家族と一緒に見るほど好きな番組なので、すごく楽しみにしていました」と率直な感想を明かした。さらに「撮影で“コックリさん”をやるシーンがあったのですが、人生で初めて“コックリさん”をやってみて、“本当に動くんじゃないか…”という怖い気持ちにもなり、ドキドキしながら撮影をしていました。今回撮影を通して、“七不思議”を体験できたことは、うれしかったです」と語った。そして最後に、「学校の“七不思議”って誰もが聞いたことはあるけど、実際に体験する人はあまりいないと思います。視聴者の皆さんには、ぜひ学生時代に戻ったような気持ちで『ほん怖』を見てゾッとして頂けたらうれしいです」と視聴者へメッセージを寄せた。 女優として高い演技力で今注目を集めている与田が、本格ホラー作品に初挑戦!どのような芝居を見せてくれるのかに期待が高まる。今年もご自宅でリアルタイムに『ほん怖』をチェックして、テレビの前でゾッとしていただきたい!







コメント


与田祐希


◆出演が決まった感想

「乃木坂46に入るずっと前からよく見ていた番組だったので、最初は自分が出演できると聞いたときは不思議な感じでした。私は怖い話が好きで、特に『ほん怖』は家族と一緒に見るほど好きな番組なので、すごく楽しみにしていました」



◆脚本を読んだ印象

「私は学生時代、学校の“七不思議”を聞くことはありましたが、何か体験することは無くて…。よく学校で肝試しとかもしていたのですが、そういった場でも何か起きることは無かったので、脚本を読んで、“これが本当にあった話なんて怖い!”と思いました。撮影で“コックリさん”をやるシーンがあったのですが、人生で初めて“コックリさん”をやってみて、“本当に動くんじゃないか…”という怖い気持ちにもなり、ドキドキしながら撮影をしていました。今回撮影を通して、“七不思議”を体験できたことは、うれしかったです」



◆番組を楽しみにしているファンの皆様へメッセージ

「学校の“七不思議”って誰もが聞いたことはあるけど、実際に体験する人はあまりいないと思います。すごく身近な感じがするからこそ、逆にちょっと怖い部分やゾッとする所もあると思うので、視聴者の皆さんには、ぜひ学生時代に戻ったような気持ちで『ほん怖』を見てゾッとして頂けたらうれしいです」










“ほん怖”撮影秘話も満載!生みの親・鶴田法男監督による、
人気企画「Jホラーのすべて」、当サイトにて好評連載中!



20年以上の歴史を誇る『ほんとにあった怖い話』(通称:ほん怖)だが、元々は、『リング0』『おろち』『ほんとにあった怖い話』などで知られる映画監督、鶴田法男当(当サイトの人気企画『Jホラーのすべて 鶴田法男』も好評連載中)が生み出したオリジナルビデオ版「ほんとにあった怖い話」から発展したものであることは有名な話。フジテレビ版『ほん怖』でも、監督作として、佐藤健主演の『顔の道』など、数々の傑作エピソードを生み出してきた。






今回の『ほんとにあった怖い話 2021特別編』では、残念ながら、鶴田監督は演出していないそうだが、鶴田イズムを継承した若手監督たちが才能を発揮している。

そして、こちらも恒例となった放送当日の昼に放送される『ほんとにあった怖い話 傑作選』(2021年10月23日(土) 13:35~15:25 放送)では、なんと8作品中、6作品が鶴田監督の演出作品!いかに『ほん怖』において鶴田監督が残した功績が大きいかが理解できるはずだ。


好評連載企画「Jホラーのすべて 鶴田法男」

近々、「ほん怖」にまつわる最新回を掲載予定。
下のリンクは序章「監督引退」と、最新の第九回「検証!伝説的傑作『霊のうごめく家』はいかにして生まれたのか?(後編)~OV版『ほん怖』撮影秘話⑤~」










橋本環奈、乃木坂46・与田祐希、山崎育三郎、ゆめっちら豪華キャストで
いよいよ本日午後9時より
土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』



橋本環奈 ©フジテレビ
右)山崎育三郎 ©フジテレビ
右)ゆめっち ©フジテレビ



【番組概要】

≪放送日時≫
土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』

≪放送日時≫
10月23日(土) 21時~23時10分

≪出演者≫

“ほん怖クラブ”リーダー:稲垣吾郎

スタジオゲスト:3時のヒロイン(ゆめっち、福田麻貴、かなで)、乃木坂46(与田祐希、生田絵梨花、秋元真夏、梅澤美波)、下 ヨシ子、ほん怖クラブ

『凶音の誘い』
橋本環奈、恒松祐里、山中 崇 他

『事故物件A』
山崎育三郎、堀田真由、山村紅葉 他

『或る学校の七不思議』
与田祐希、長見玲亜、箭内夢菜、宮世琉弥

『だるまさんが転んだ?』
3時のヒロイン(ゆめっち、福田麻貴、かなで) 



≪スタッフ≫

原作:『ほんとにあった怖い話』『HONKOWA』(朝日新聞出版)
総合プロデュース:後藤博幸
プロデュース:古郡真也(FILM)
脚本:三宅隆太(『凶音の誘い』)
穂科エミ(『或る学校の七不思議』『だるまさんが転んだ?』)
    酒巻浩史(『事故物件A』)
演出:森脇智延(『凶音の誘い』『事故物件A』『だるまさんが転んだ?』)
    國武俊文(『或る学校の七不思議』)
制作・著作:フジテレビ第一制作部



【公式HP】https://www.fujitv.co.jp/honkowa/

【公式Twitter】https://twitter.com/honkowa_fuji

【公式Instagram】https://www.instagram.com/honkowa_fujitv/






Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

14 + 8 =