鶴田法男監督よりホラー・ファン必読の特別メッセージが到着!「Jホラー独特の心霊写真テイストな怖さで構築…」 ついに70万部突破!『恐怖コレクター』最新刊2/9(水)発売!マンガ版単行本も3/26発売!

pick-up アニメ・コミック オススメ 書籍・雑誌



鶴田監督よりホラー・ファン必読の特別メッセージが到着!
ついに累計70万部突破!コミック版の単行本も発売決定!
“Jホラーの父”鶴田法男・作『恐怖コレクター』最新第18巻、2月9日(水)発売!




当サイトの人気企画『Jホラーのすべて 鶴田法男』も好評連載中で、『リング0 バースデイ』『おろち』『ほんとにあった怖い話』などで知られる映画監督、鶴田法男の最新小説『恐怖コレクター 巻ノ十八 明かされた過去』が2月9日(水)に発売された。
都市伝説を追って町を旅する謎の少年、千野フシギを主人公に、様々な都市伝説の怪異を描き、シリーズ累計70万部を突破した人気シリーズ。
雑誌「月刊コミックジーン」(KADOKAWA)で連載中のマンガ版の単行本も3月26日(土)に発売される

今回は鶴田監督から、「cowai」を読まれている皆様に向けた特別メッセージが到着した。ホラー・ファンなら必読の内容だけに、ぜひとも目を通していただきたい。



恐怖コレクター 巻ノ十八 明かされた過去 (角川つばさ文庫)




マンガ版の単行本も3月26日(土)発売!


恐怖コレクター (MFコミックス ジーンシリーズ)





 



鶴田法男監督・特別寄稿 
「Jホラー独特の心霊写真テイストな怖さで構築しているホラー小説です。」



私、鶴田法男と佐東みどりの共著、小説『恐怖コレクター』(角川つばさ文庫)の18巻目が2月9日(水)に発売になりました。この刊行で累計発行部数70万部を突破です。そして、3月26日(土)にはコミック版の単行本も発売されます。

2015年夏に1巻目が世に出たこのシリーズはKADOKAWAの児童小説レーベル「角川つばさ文庫」の作品です。つまり子供向けの小説です。でも、私はJホラーを本格的に活字で表現することを目標に今まで取り組んできました。そのことを「cowai」を読まれている皆さんにお伝えしたくて、筆を執らせて頂きました。

『恐怖コレクター』の基本的な設定は、「千野フシギという謎の少年が、各地の恐怖の都市伝説を“赤い手帳”で回収しつつ、その都市伝説を具現化させた双子の妹、千野ヒミツを追う」というものです。

実は、「貞子」、「伽椰子」などに襲われる人々の『ほん怖』風短編集と、「ウルトラマン」や「仮面ライダー」のような正義のキャラの活躍を併せた作品を作れないかと、私は積年の思いがあったのです。

そんな折りに角川つばさ文庫編集部から小説執筆の依頼がありお引き受けしたのでした。

とは言っても、自分は映画監督なので自信がなく、私の映画『トーク・トゥ・ザ・デッド』の脚本を共作してくれた佐東みどりに当初は執筆を任せて、自分は「監修」という形で1巻目を刊行。その好評を得て、2巻目以降は自分もキーボードを叩いて佐東みどりとの共著になりました。当初は10巻も続けば大成功だろうと思っていたのが、予想以上の人気になり気づいたら18巻目を出し、まだまだ続く予定になっています。

幸運だったのは、パートナーの佐東みどりが大変なコミックオタクだった事です。私が『ゼイリブ』、『ニューヨーク1997』ならこんな展開になると語ると、佐東は『ドラゴンボールZ』や『ジョジョの奇妙な冒険』ならこんな展開になりますよ、などと語り合い、つばさ文庫の編集担当さんを交えながら物語を構築しています。これが非常に楽しいのです。

今年は舞台『六番目の小夜子』を手がけて大盛況で幕を閉じることが出来ました。一部の方から「そろそろ映画を撮ってくださいよ」とも言われているのも事実です。しかし、『恐怖コレクター』は前述の積年の思いを佐東みどりという優れたパートナーと、私たちをリスペクトしつつサポートしてくれる編集担当さんによって、生み出しここまで続けることが出来ています。映画の企画を進めていますが、『恐怖コレクター』にはしっかり取り組んでいきたいと思っています。

特に、最新刊『恐怖コレクター 巻ノ十八 明かされた過去』では、仲の良かった千野フシギと千野ヒミツの兄妹がなぜ別れることになったのか? そして、フシギとヒミツの特殊な能力がいかにして生まれたのか? 等などの今までベールに包まれていた部分を明かす内容になっており、『リング0』で「貞子がなぜ呪いのビデオをつくることになったのか?」を描いた時以来の興奮と熱意で執筆しました。漢字にルビがふられた児童小説ではありますが、『リング0』、『予言』、『おろち』などの映画を手がけた時と同様のモチベーションで取り組んでいます。子供達にも分かりやすい平易な表現を使用していますが、いままで手がけてきた『ほん怖』を含めた映像作品と同レベルの恐怖表現で挑んでいます。そして、私の作風をご存じの方には説明するまでもありませんが、残酷描写は一切ありません。とにかく、
Jホラー独特の心霊写真テイストな怖さで構築しているホラー小説です。

個人的には『巻ノ三 真夜中の笑い声』の3話目『隙間女』や、『巻ノ六 消える犬』のやはり3話目『死の寝言』などは我ながらかなり怖く描けたと自負しております。

「子供向けなんでしょ」と思われているかもしれませんが、この機会に是非一度手に取っていただければと願っております。





鶴田法男監督




角川つばさ文庫『恐怖コレクター』シリーズ公式サイト
https://tsubasabunko.jp/product/kyofucollector/


角川つばさ文庫『恐怖コレクター 巻ノ十八 明かされた過去』の「試し読み」ができます。https://tsubasabunko.jp/product/kyofucollector/322107000864.html


KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」でコミック版『恐怖コレクター』の一部が現在、無料で読めます。
https://yomeruba.com/comics/kyofucollector/







【商品紹介/Amazon】

恐怖コレクター 巻ノ十八 明かされた過去 (角川つばさ文庫)




恐怖コレクター 1‐17巻セット(角川つばさ文庫)













【18巻収録の都市伝説】
フシギとヒミツ/伸びる手/ワタシトアソボ/呪いのCD/待ってさん/ウズクロ









なぜ、都市伝説を回収するのか!? フシギの旅「はじまり」の物語!


ある小学校のトイレに『伸びる手』が出るらしい。
トイレから伸びる白い手は、
人間を捕まえ、深い穴の奥に引きずり込んでいくと言われている。

――これは、フシギが初めて回収しようとした【都市伝説】の記憶だった。

少しずつ、自分の過去の記憶を取り戻すフシギ。
フシギはなぜ、都市伝説を追う旅を始めたのか?
ヒミツが都市伝説を具現化するようになった理由とは?
さらに、マボロシが「呪いのマーク」について新たな情報を語り出す。
彼は敵か、味方か――!?











「恐怖コレクター」シリーズ PV



「恐怖コレクター」シリーズ紹介ページ

https://tsubasabunko.jp/product/kyofucollector/



【シリーズあらすじ】

都市伝説のウワサが広がる町では、フード姿の子供が目撃されているという。「赤い手帳を持っていた」という人もいれば、「子供には顔がない」という人がいたりと、その情報はさまざまだ。どうやら、「赤い手帳」を持っているのは千野フシギという少年で、彼は都市伝説の呪いを「回収」しているようだけれど―——!? そう、都市伝説は現実に起きているのだ!
都市伝説の呪いを追う少年・千野フシギと、都市伝説を具現化する少女・千野ヒミツ。
この鬼ごっこの結末は――!?
そして「呪い」に隠された驚きの真実とは!?
怖いのにやめられないと超話題、ノンストップ・ホラーミステリー!



●著者・イラストレーター紹介

佐東みどり/作:テレビ脚本・ライター。主な著作に「ほんとにあった怖い話」シリーズ(朝日新聞出版)、「知ってはいけない都市伝説」(つばさ文庫)などがある。脚本を担当したドラマに
「彼岸島」(連ドラ 2nd シーズン 全話担当)、 「変身」(神木隆之介、二階堂ふみ) 、NHK E テレ「東京特許許可局」(出演:八嶋智人) 、WOWOW 「いけない!ルナ先生」などがある。児童向きとしては、「サザエさん」や「天才!てれびくん」シリーズなどの実績がある。

鶴田法男/作(1巻のみ監修):映画監督。自身発の企画、同名ホラー・コミックのビデオ映画化『ほんとにあった怖い話』で 91 年、監督デビュー。テレビ版『ほんとにあった怖い話』でもメイン監督を務める。主な作品に 00 年『リング 0~バースデイ~』、04 年『予言』、07 年『ドリーム・クルーズ』など。

よん/絵:新潟県生まれのイラストレーター。イラストを手がけた主な作品に、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『自閉症の僕が跳びはねる理由』『ひるね姫 ~知らないワタシの物語』『僕はまた、君にさよならの数を見る』「恐怖コレクター」シリーズ(すべて角川つばさ文庫)などがある。









鶴田監督の「Jホラーのすべて」好評連載中!
Jホラーはいかにして生まれ、世界的に注目されるようになったのか?
“Jホラーを知り尽くした男”が明かす、Jホラーの知られざる舞台裏!



人気連載企画「Jホラーのすべて 鶴田法男」第十回「フジテレビ版『ほんとにあった怖い話』誕生秘話~



<バックナンバー>

序章「監督引退」
第一回「原点① …幽霊を見た… 」
第二回「原点② 異常に怖かった」
第三話「オリジナルビデオ版『ほん怖』誕生」
第四回「幻の『霊のうごめく家』初稿」
第五回「OV版『ほん怖』撮影秘話①」
第六回「誕生!“赤い服の女の霊”の真相(前編)OV版『ほん怖』撮影秘話②」
第七回「誕生!“赤い服の女の霊”の真相(後編)OV版『ほん怖』撮影秘話③」
第八回「検証!伝説的傑作『霊のうごめく家』はいかにして生まれたのか?(前編)~OV版『ほん怖』撮影秘話④~」 
第九回「検証!伝説的傑作『霊のうごめく家』はいかにして生まれたのか?(後編)~OV版『ほん怖』撮影秘話⑤~」










鶴田法男監督最新作
舞台「六番目の小夜子」DVD2022年6月8日(水)発売


舞台「六番目の小夜子」 [DVD]




そして日本公開が待たれる
中国での新作ホラー映画『ワンリューシュンリン(原題)』



鶴田監督と言えば、中国で撮った新作ホラー『ワンリューシュンリン(原題)』が2020年10月に中国5000館で公開され、12月までロングランヒットを記録したばかり。
日本での公開が早く実現してほしいが、いまだ正式な発表はない。













【商品紹介/Amazon】

恐怖コレクター 巻ノ十八 明かされた過去 (角川つばさ文庫)




恐怖コレクター 1‐17巻セット(角川つばさ文庫)




リング0~バースデイ~ [DVD]




リング0-バースデイー (Amazon prime video)




おろち (Amazon prime video)





(関連記事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 + 19 =